製品案内 メッキの黒色処理

タイトルアイコン 黒色処理の特長
メッキとメッキ後の化成処理によって、古めいた色調を出す方法を古美仕上げ、古味、いぶし、ブロンズ、等という。銅古美メッキ、真鍮古美メッキ、銀古美メッキ、金古美メッキ、銅いぶしメッキ、銀いぶしメッキ、金いぶしメッキ、ホワイトブロンズメッキ等の手法がある。
タイトルアイコン 黒色処理の用途
装飾品、美術工芸品、照明器具、水洗金具等

黒色処理古美仕上げの種類
名称 メッキ種類 仕上げ法
銅古美 銅メッキ
光沢銅メッキ
銅メッキ後、黒色ニッケルメッキや化成処理等で黒色皮膜を付与し、研磨等で黒色皮膜を部分的に除去し濃淡を与えている。
銀古美(銀いぶし) 銀メッキ
光沢銀メッキ
金古美 金メッキ
装飾用金メッキ
金メッキ後、黒色塗装等でぼかしを入れる。
ホワイトブロンズ ニッケルメッキ
無光沢ニッケルメッキ
光沢ニッケルメッキ
半光沢ニッケルメッキ
無光沢ニッケルメッキ後にヘアライン加工、サテン加工を施す。または、光沢、半光沢ニッケルメッキ後にヘアライン加工、サテン加工を施す。
黒色処理1
 
黒色処理3
  黒色処理2